助けてって言えない人だらけ

みなさんいつもありがとうございます!パートナ―シップコミュニケーションプロデューサーの

辻 杏華弥(つじあけみ)です!


今のモニターコミュニティのみなさんに向けて、

100日チャレンジ と題して

このブログの下部に、今日のお題を書いているのですが、

昨日のお題は

「困ったときは 助けて って言おうね」でした。

すると、毎回、それに対して、メンバーさんが

チャットにいろいろ投稿してくださるのですが、


まあ、揃いにそろって


「私も助けてって言えません!」

のオンパレード (∩´∀`)∩

 


「助けて」って言えないひとーーー!


はーい ( `ー´)ノ はい ( `ー´)ノ はい ( `ー´)ノ 

はーーい \(^o^)/

 


はいはい、わかった、わかった(笑)

 

みなさんそれぞれの意見と、ご自身なりの

理由がありましたねー^^


これまでは誰かに「助けて」と言えない人間でした
これからは「助けて」と言える人間になるとともに
ほかの誰かから言われたときは、助けられる人間になりたいです

 


本当に大切なこと。

自分も他人も大切に^^


自分は助けてって言えないことが多いです。

男性は特に言えない立場のことが多いですものね。

 


傷つきたくない自分が出て、言わないようにしています。


「助けてほしい」と伝えることは勇気のいることですね。

頼れない自分に気づいてから

ずいぶん年を重ねて

ようやく言えるようになった・・・という方も

多いかもしれません。


頼れるようになりたいです


「できないんだ」「しんどい」 という自分を認めて、

「頼っていいんだよ」「甘えていいんだよ」

って自分に許可をだしてあげましょう。


「助けて」って素直にいえることは

実は「精神的な自立」につながります。


自分一人で抱え込むのは、

自分に優しくないですものね。


ゆっくり、すこしずつでいいんです。

まずは、できない自分を認めてあげましょう。


大丈夫♡

真心が伝わったら、みんな助けてくれます。


YOU言っちゃいなー(笑)


ーーーーーーーーーー
100日チャレンジ97日目(3月7日)
突然ですが、コミュニティ内で
ゆっくりお話ししたい人いますか?
私に教えてください。
ーーーーーーーーーー